治験コーディネーターへの転職・求められている人材像を探る

治験コーディネーターはどんな人に向いている?

治験コーディネーターへの転職・求められている人材像を探る

「治験コーディネーター、CRCになりたい…。」もしもあなたが看護師や薬剤師、臨床検査技師などの医療従事者なのであれば、特別な資格を持たなくとも治験コーディネーターを目指す事は可能です。

しかし注意しておきたい事は、例え“未経験者”であろうとそれは「中途採用」である事です。新卒のときに行う就職活動とは、決定的に異なるアピールが必要である事を忘れては行けません。

「中途採用」が別名で「キャリア採用」と呼ばれている事をご存知でしょうか?中途である以上、その求職者には程度は違えど社会人として数年の経験があり、求人を募る採用側はその“キャリア”を求めて人材を選んでいるというわけですね。

もちろん、“未経験者”からの転職である以上治験コーディネーターCRCの経験を持っていない事は当然です。ですので、治験コーディネーターとしてのキャリアをアピールする事はできませんね。

つまり、看護師や薬剤師、臨床検査議事などの“未経験者”が治験コーディネーターの募集にエントリーするのであれば、実務経験以外の「キャリア」をアピールする必要があるというわけです。

その為に必要なステップといして、“採用側が求めている人材像”を理解する事は外せません。 この“採用側が求めている人材像”は、もちろん企業や病院ごとに異なります。求人先のホームページなどで探る事も有効かもしれませんが、それだけではカバーできない事が多いかもしれません。

職種が異なれば、求められる人材も違ってきます。その職種ならではの採用基準などは“未経験者”が自力で行うリサーチで知ろうとする事自体に限界があるでしょう。

薬剤師や看護師に特化したタイプの“転職支援サイト”を利用するなどして、出来るだけ多くの情報を得て、より有効なアピールへ繋げる必要があるはずです。あなた自身の資質や経験の中から、求められる最適なポイントをうまくアピールしより実りのある転職活動に繋げて下さい。