薬剤師、調剤薬局で働く魅力と注意点

調剤薬局で働くメリットやデメリット

薬剤師、調剤薬局で働く魅力と注意点

どの職場も、メリットばかりが目立つわけではありませんよね。それぞれメリットとデメリットがあります。人によって何をメリット・デメリットと感じるかは違うわけなので、自分にとってメリットが大きい方を選んでみてはどうでしょうか。

調剤薬局で働く場合、大きな魅力として挙げられることが、普通の大卒に比べると初任給が多いということです。これは薬剤師手当がつくということが関係しています。

この薬剤師手当というものが発生することにより、20代でも高収入が期待できる職業だと言えるでしょう。 確かに初任給という点は非常に魅力があるのですが、調剤薬局で働いている薬剤師の中には、給料の伸び悩みに不安を抱えている人もいるようです。

調剤薬局は、初任給は高いものの、年収がどんどんアップしていくような職業ではないと思っておいたほうがいいでしょう。年収でいうと、500~650万円ほどで落ち着く人が多いです。

ただ、規模が大きいところで働くことができた場合、800万円以上の年収を手にしている人もいるようなので、しっかり稼ぎたいと思っているのであれば大きな薬局で働くことを考えてみるのもいいですね。ただ、メリットもいろいろあります。例えば、転勤や海外勤務が少ないということです。

転勤や海外勤務が多い職業といえば、製薬会社での仕事が挙げられますが、転勤に疲れてしまったという人も調剤薬局で働くことを検討してみてはどうでしょうか。

もちろん、調剤薬局で働いた場合は絶対に転勤がないというわけではありません。特に全国チェーンの調剤薬局で働く場合は、個人で運営している調剤薬局とは違って転勤を言い渡されることもあるようです。

それから、チェーンの薬局で働く場合、全国の薬剤師を統括するようなポジションを任せられる可能性もあります。役職につくことができれば、更に手当が上乗せされることも期待できるわけですが、大手チェーンで役職に就くことができれば、メーカー並みの給料を得ることも不可能ではありません。