薬剤師の生活について

薬剤師の勤務時間は?

薬剤師の生活について

薬剤師というと、短時間で高収入が得られる仕事だと理解している人も多いようです。ですが、これは選択する職場や働き方によって違うので、一概には言えません。

薬剤師が活躍する職場といえば薬局が代表ですが、基本的に9時から就業開始となる場合が多いですね。ただ、終わりの時間は薬局によって違いが大きく、18時までというところもあれば20時まで営業しているところもあります。

次に病院の場合ですが、薬局よりも早く働き始めて早く終わる場合がほとんどで、大体8時半から17時頃までというところが多いです。薬剤師が活躍している現場は他にもたくさんありますが、食品会社や化粧品会社、製薬会社などでは、各企業の就業時間によって薬剤師の勤務時間も大きく変わってきます。

薬剤師として働き始めたあとの1日が想像できないという人もいるかと思うので、薬局で働いた場合の一般的な流れを紹介しましょう。まず、開店してからしばらくの間は、それほど忙しくないのが普通です。ただ、開店後1時間ほどしてからは、処方箋なども持って来店する人が増え始めます。

病院に近い薬局で働く場合、病院の診察時間によって忙しい時間帯が変わってくるのが一般的です。お昼から午後の診療が始まるまでの時間帯は少し人が少なくなることが多いですね。薬局で働く場合、業務の合間に薬品の補充をしたり、足りないものを発注するという業務も行わなければなりません。営業時間終了後は薬局の掃除をしたり、在庫を整理するなどして業務終了です。

1日を通して忙しく動かなければならない場合も多いため、フルタイムで働くことができないという人は、パートなども選択するのもいいでしょう。特に薬剤師の数が足りていない現場で働く場合、一人あたりの担当業務が多岐に渡るため、忙しくなってしまうことが考えられます。

他にも、派遣などの形で無理なく働いて活躍している薬剤師もたくさんいるので、自分にとって働きやすい形を探すことが非常に大切です。