薬剤師の転職~パート~

転職を考えている薬剤師の方は必見!

薬剤師の転職~パート~



せっかく取得した薬剤師の資格です。出産や育児で現場を離れてしまったとしても、いつかは復帰したい!と思っている女性も少なくないのではないでしょうか?そういった場合、パートとして復帰する方法がありますね。現に、育児が落ち着いてからパートとして復帰した女性薬剤師のかたが大勢活躍されています。
薬剤師パートを東京で探す

実は「薬剤師のための転職支援サイト」はパート探しでもサービスを受ける事ができます。パート探しと一言にいっても、様々な事情を考慮する必要がある薬剤師のパート探しは学生のアルバイト探しのように簡単ではありません。

いくら育児が落ち着き、復帰が出来る状態であるとはいえ、既婚の女性の場合は家事との両立が大前提となるでしょう。残業の多さや休日はもちろん、身軽でない主婦は様々な条件を持っているのです。

また、ご主人の扶養に入っているのであれば調整してもらう必要もでてきます。実際、パートとして働く女性薬剤師の多くはご主人の扶養内で勤めているそうです。さらに、パートとして働く女性薬剤師のほとんどが自宅の近くでの勤務を希望しており、これらの条件を考慮・時には交渉しながら就職口を探す必要があるのです。

もちろん、希望条件や事情は人それぞれ異なりますので、上記以外にも条件を掲げるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。こういった事情や条件を持っている場合、自力で行う就職活動ではどうしても不安が多くなりがちです。「たかがパート探しだし…」と思わず、ぜひ転職支援サイトのサービスをうまく活用してみましょう。

薬剤師のための転職支援サイトでは、パートをお探しの薬剤師の方でもコンサルタントへの相談やアドバイスを受ける事ができます。求人選びや、履歴書作成・面接の指導、また転職先への条件交渉など、自力だと難しい事もプロがフォローしてくれるので安心ですね。コンサルタントへあなたの事情や希望条件を伝えたうえで、順風満帆な復帰を目指しましょう!
マツモトキヨシ


薬剤師の転職と年齢の関係

薬剤師という職業は資格が必要な職業であるため、資格が不要な仕事に比べると転職率は高いと言えるでしょう。 しかし、どんな仕事でも言えることですが、薬剤師でも歳を取れば取るほど転職しにくい状態になってしまうのは間違いありません。

特に考えたいのが、40代という年齢についてです。 特に男性の場合、40代を超えてからの転職は厳しいと思っておいたほうがいいです。 その理由として挙げられるのが、求人側が用意しなければならない待遇に関することです。

40代以降の男性でそれまで長く薬剤師として働いてきた人であれば、当然ながら経験や知識に見合った待遇を求めますよね。 新人薬剤師が相手ならば出さなくていいような高額な報酬を求められるかもしれません。

そういった意味で、ベテラン薬剤師は採用のコストが高く、応募をしてきても慎重になってしまう求人元が多いのです。 もちろん、実力のあるベテラン薬剤師でしっかり活躍が期待できるということであれば、多少高い報酬や手当を用意したとしても求人側に得があるはずです。

問題なのは、40代以降であってもあまり経験・知識がない人です。 わかいうちから高待遇を用意してでも採用したいと思われる薬剤師を目指して努力してみてはどうでしょうか。

女性の場合はというと、それまで薬剤師として働いてきた期間のうち、しばらく出産や子育てが理由で職場を離れている人も多くいます。 そういった人たちはパートやアルバイトという形で復帰をすることが多いのですが、こういった雇用形態は求人側にとっても採用しやすい形なので、それほど転職に苦労することはないでしょう。

年齢制限を特に設けていないような求人もあるので、歳を取ったから絶対に転職ができないと考えてしまうのではなく、転職支援サイトを活用して転職活動をしてみるといいですね。

今の職場の労働環境や人間関係に不満があり、限界だと感じている人も、転職支援サイトの力を借りて楽しく働ける職場を探すのがおすすめです。


薬剤師の売り手市場は長続きしない?

これまで薬剤師は、売り手市場であると言われていました。 薬剤師不足に悩む企業が多かったため、転職もしやすい状態にあったのです。

そのため、薬剤師側が多少無理な条件を提示したとしても受け入れてくれる企業が多く、薬剤師にとっては転職しやすい状況が続いていたと言えるでしょう。

特に、2011年には薬学部がそれまでの4年制から6年制へと変わり、新たな薬剤師が生まれない時期がありました。 しかし、現在では次々と薬剤師が生まれているのです。

薬剤師不足の問題についてですが、これは近い将来解決する問題だと言われています。 つまり、薬剤師が売り手市場の時代は終わってしまうということです。

それどころか、今後は薬剤師が増えすぎてしまう問題が考えられています。 当然、就職活動もしにくくなってしまうでしょう。 薬剤師が余ってしまう問題のひとつとして挙げられるのが、それまで薬剤師が担当していた仕事の中に、薬剤師以外でもできる仕事ができたということが関わっています。

それは、登録販売者という資格に関するものです。 2009年から始まったまだまだ新しい資格ではあるのですが、登録販売者の資格を持っていると例え薬剤師の資格を持っていなくても第2・第3類医薬品を販売することができます。

一般的に、登録販売者は薬剤師よりも安い賃金で雇うことができるため、薬局やドラッグストアの中には薬剤師の数を減らして登録販売者を雇うところが増えてきました。

第2・第3類医薬品は危険性が低い薬品となっているため、これまで通り危険性が高い第1類医薬品を販売するためには薬剤師資格が必要となりますが、登録販売者の資格保有者が増えれば増えるほど薬剤師の必要数が減ってしまうと考えられます。

ですが、当然ながら薬剤師が必要なくなるというわけではありません。 薬剤師過剰の可能性が騒がれている一方で、地方ではまだまだ薬剤師不足の問題があります。 就職において強い資格であるという点は、変わることがないでしょう。